なぜ虫歯になると歯が痛くなるのか?

皆さんこんにちは。

グリーンヒルズ歯科クリニックです。

 

虫歯の主な症状といえば「歯痛」ですよね。

 

痛みの度合いは虫歯の進行度によって大きく変わりますが、歯痛という独特な症状が出ることに変わりはありません。

 

そこで気になるのが「なぜ虫歯になると歯が痛くなるのか?」という点ですよね。

 

今回は虫歯で歯痛が生じるメカニズムをわかりやすく解説します。

 

軽度の虫歯は痛くない?

軽度の虫歯では、まだ歯痛という強い症状は現れません。

 

なぜなら、虫歯菌の感染が歯の最も外側に位置する「エナメル質」だけにとどまっているからです。

 

エナメル質には、痛みを感じる神経が分泌しておらず、虫歯にかかったとしても痛みなどの不快症状が現れにくいのです。

 

これがもう少し進行して、「象牙質の虫歯」になると痛みが生じてきます。

 

歯の神経が異常を感知する

象牙質には一部、歯の神経が入り込んでいるので、外からの刺激を受けやすくなっています。

 

虫歯による歯痛だけではなく、知覚過敏も同じ仕組みで症状が現れます。

 

ですから、正確には「象牙質知覚過敏症」と呼ばれているのです。

 

また、比較的浅い虫歯であれば、麻酔を打たずに治療を進めることができますよね。

 

それはエナメル質に神経が存在していない証拠でもあります。

 

歯の神経が侵されると激痛が生じる

虫歯がさらに進行すると、象牙質まで溶かしてしまい、いよいよ歯の神経である「歯髄(しずい)」を直接、攻撃するようになります。

 

その結果、歯髄炎が生じ、激しい痛みを生じるようになるのです。

 

末期の虫歯では、痛みが消失することがありますが、これは痛みを感知する歯髄が死んでしまうからです。

 

かといって、虫歯が自然治癒したわけではないので注意しましょう。

 

まとめ

このように、虫歯で痛みが生じるメカニズムは、至ってシンプルです。

 

また、痛みが生じてから治療を受けたのでは、失う歯質の量も多くなってしまうので、可能であればそれ以前に歯科を受診するようにしましょう。

 

そのためには、定期検診を受けて虫歯の早期発見・早期治療に努めることが大切です。