滅菌・消毒に力を入れていると評判の当院はもちろん、 歯科医院は「感染予防対策」を徹底的に行います

皆さんこんにちは。

皆さん、こんにちは。

名古屋市守山区の【グリーンヒルズ歯科クリニック】です。

歯科医院ではむし歯や歯周病はもちろん、手術が欠かせないインプラントなど、さまざまな治療を行います。当院では、患者様に安心・安全な治療を受けていただくために治療に用いる器具はすべてきちんと滅菌しています。

今回は、新型コロナウイルスへの対策も含め、当院の「感染予防対策」についてご紹介します。

 

歯科医院はとにかく「滅菌」にこだわります!

歯科治療では歯を削ったり、歯ぐきを切開する際に、唾液や血液が治療器具などに付着したり、場合によっては空間に飛び散ることもあります。また、当然患者様のお口の中を直接触れることになります。

ウイルスや細菌に感染する経路で、最も感染率が高いのは接触感染だといわれています。だからこそ歯科医院では、唾液中には細菌やウイルスが含まれるもの、という考えに立った感染予防策を講じます。とにかく患者様が触れるものに対して、徹底した「滅菌」を行う理由はそこにあります。

 

当院は高性能の滅菌器で見えない部分も徹底的に、完全滅菌!

そこで当院では、治療で用いる器具についてはすべて、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)や器具の特性に応じた専用の洗浄・滅菌器で完全な滅菌処理を行います。

たとえば治療中、患部を見やすくするためにお口の中や歯に風や水をあてる「スリーウェイシリンジ」、歯を削る「タービン」「コントラ」「ストレート」、歯石除去に使う「スケーラー」など、患者様のお口に直接触れる器具は使用後、内部のすみずみまで洗浄・滅菌します。さらに滅菌後の器具はパッキングして保管し、徹底した衛生管理に努めています

 

新型コロナウイルス感染予防対策にも力を入れています

このように当院では、コロナ以前から治療器具の滅菌を含むさまざまな感染予防対策に取り組んできました。

新型コロナウイルスの感染予防対策でも飛沫や接触感染へのリスク軽減が重要視されていますので、院内は消毒を常に心がけ、診察台は患者様ごとにアルコール消毒を行っています。あわせて治療で用いる手袋・紙エプロン・紙コップは患者様ごとに交換しますので常に清潔です。

さらに「エアロシステム35M」という医療施設用空気清浄装置で空気中のウイルスや細菌、PM2.5、アレルゲンなどを素早く除去して室内の空気の安全性を高めています。

 

まとめ

当院では、治療器具の完全滅菌はもちろんのこと、空気清浄や消毒による院内環境の整備などの「感染予防対策」に取り組んできました。そしてこれまでの対策に加え、2020年から猛威を振るい続ける新型コロナウイルスへの感染予防対策にも努めています。

歯科診療は常に細心の注意を払いながら行っています。安心して受診してください。